制服だって売れちゃう

なんと、制服まで売れちゃうことがわかりました。
不用品売却のなかでもかなり意外だったのが制服売却になります。

 

制服の売却についてですが
売り先として考えられるのは、古着店、個人売買、制服買取店です。
古着店で売れることもあるようですが、買取金額はめちゃ低いです。

 

 

ほぼほぼ0円に近い金額にしかなりません。
よほど運が良くない限りタダ同然での売却となってしまいます。

 

 

次に個人売買ですが、今やネットアプリなどを使えばカンタンにモノを売れます。

 

制服も同じように売ることできるかもしれませんが、やっぱ制服という性質上、
なかなか個人売買する気持ちになれません。

 

ネットで調べた限りだとそれなりにトラブルなどもあるようなので
よほど覚悟を決めない限り制服の個人売買は利用しないほうが良さそうです。

 

 

最後に制服買取店を利用する方法です。
この方法が一番無難かつそれなりに高額で売ることできます。

 

売れる金額ですが制服の内容によって違うようですが、
数千円〜5万くらいで売れることが多いようです。
高く売る秘訣については後悔しない制服買取に書かれてる方法を参考にしておけば問題ありません。

 

どんな注意点がある!?

制服買取を利用するというkとは、相手事業者と取引することになります。
取引なのでコチラの情報を事業者に手渡さなくてはなりません。
具体的には免許証コピーなどが必須です。

 

なお、制服買取に関して取引のほとんどは、「宅配での買取」となります。
制服を袋や箱に詰めて送って買取してもらいますが、送るだけで売れるので便利なんだけど、買取価格が上下しやすいので注意です。
上下と書きましたが実際には下がるのみ。
買取価格が上がるなんてことはほぼありません。

 

数人の女性からクチコミをもらっちゃいました。
何でも制服買取について上記サイトがあったおかげで楽々で売ることできたそうです。
なかには某店へ送った制服をキャンセルして売ったなんて人もいました。なんかあるサイトに掲載されてる制服買取店が最悪らしく、そこへ依頼すると買い叩かれちゃうそうです。気をつけたほうが良いということです。

 

 

 

 

 

 

制服売却に必要なモノ

 

売るために必要なのは制服一式と身分証明書です。
制服は中古品です。
中古品を売るときには本人確認が必要になるんです。
だから制服買取を利用するときに匿名で売ることはできないのです。

 

匿名で売れないってことは自分の身分を制服買取業者へ提出しなくちゃなりません。
だから、「売り先をきちんと見極めないと悪用」されかねません。

 

 

これだけ個人情報保護が叫ばれてますが、制服買取業者のなかには
企業ではなく、個人が運営母体となってるところも少なくないため
そういった個人への売却は避けたほうが良さそうです。

 

 

まさか卒業して何年も経ったからといって、
自分の母校の制服を売ったことが第三者に漏れちゃうのは気分的に嫌です。

 

だからまともに個人情報を管理してくれる企業の制服買取店を使うのがオススメです。

更新履歴
  • (2019/05/05)粘りを更新しました